カプセルとアボカド

バルトレックスは個人輸入で購入できる薬で、バラシクロビル塩酸塩が主成分として使われています。バラシクロビル塩酸塩はヘルペスウイルスに感染したとき、第一選択される治療薬で、世界中で利用されています。バルトレックスはロンドンに本社を置く世界有数の製薬会社が販売していて、特に有名な治療薬です。

ヘルペスウイルスによって発症する病気には水ぼうそうや帯状疱疹、性器ヘルペスに水ぼうそうなどがあり、どの病気も水ぶくれや発赤ができてピリピリとした痛みをともなっていることもあります。ヘルペスウイルスはとても小さな存在で、人の細胞内に入り込んで増殖します。その結果、皮膚や粘膜に水ぶくれができるため、潰したり指で引っ掻いたりすると感染範囲が広がってしまうことがあるでしょう。

治療に使われるバルトレックスの主成分はヘルペスウイルスの増殖を抑える役割を持っているため、水ぶくれや発赤などがあまりできていない早期の段階で飲むことが大切です。ヘルペスウイルスDNA鎖の伸長を止めるからDNAが複製されなくなって、徐々に減っていきます。ウイルスに作用するのはアクシロビルという成分ですが、そのままだとあまり吸収効率がよくありません。バラシクロビル塩酸塩は吸収効率がとてもよくて、体内の目的部分に到達してからアクシロビルに変化するため、スムーズに抗ウイルス作用を働かせることが可能です。アクシロビルに次いでヘルペスウイルスに対抗できる成分であるバラシクロビル塩酸塩は、第2世代抗ウイルス薬ともよばれます。

一度水ぼうそうに感染したことがある人は、治療し症状が治まっていてもヘルペスウイルスが体内に潜んでいます。体の抵抗力が弱まったときに、帯状疱疹として現れる場合があるのがヘルペスウイルスの特徴です。性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって起こりますが、これも同様で体調が悪くなったときに再発します。注意しなければならないのは、単純ヘルペスウイルスはしっかりと治療しないと悪化して角膜炎や脳炎に至る場合があることです。

いずれにしても早期に対応するために感染経験がある人は、バルトレックスを常備していて、症状が感じられたら早めに服用することが大切です。個人輸入であれば、処方箋がなくても薬を買うことができます。自分で海外と手続きを行って、薬を仕入れることは大変です。そこで活用したいのは、個人輸入を代行するサイトの利用です。海外医薬品を取り扱う個人輸入代行サイトは、普通のネット通販と変わりがなく、ほしい薬を検索して選び注文を行うだけで済みます。海外から直接自宅に届くため、注文してから1週間から10日間くらいは当たり前にかかります。バルトレックスを備えておきたい人は、早めに注文を済ませましょう。

記事一覧
ヘルペスには痛みや痒みなど特徴的な症状が出る? 2020年05月30日

ヘルペスウイルスは体のどの部分にも感染し広がる可能性があって、現れる症状で特徴的なのは、ピリピリとした痛みです。皮膚に何の変化もないときにピリピリしだして、その...

ヘルペスが再発しやすい条件や環境とは? 2020年05月26日

ヘルペスウイルスにより水ぼうそうや帯状疱疹、性器ヘルペスなどを発症すると、一度症状が治まっても再発してしまうことがあります。どんな条件や環境で再発するのか知って...

バルトレックスの副作用が出やすい人の特徴は? 2020年05月24日

バルトレックスはヘルペスウイルスによる感染症で大きな治療成果が期待できますが、内服する薬は体全体に広がるため、副作用に注意しなければなりません。バルトレックスで...

バルトレックスを服用する前にジェネリックを確認しよう! 2020年05月22日

感染したヘルペスウイルスに対抗するために薬を数日間服用する必要があったり、何度も再発したりしてそのたびに薬を買う必要がある人は、少しでも安い薬がほしいという人も...