• ホーム
  • バルトレックスの副作用が出やすい人の特徴は?

バルトレックスの副作用が出やすい人の特徴は?

心配している男性

バルトレックスはヘルペスウイルスによる感染症で大きな治療成果が期待できますが、内服する薬は体全体に広がるため、副作用に注意しなければなりません。バルトレックスで副作用が出やすい人の特徴としては、これまで薬を飲んだときに症状が現れたことがある人です。副作用が出にくい薬ではありますが症状として下痢や吐き気に腹痛、めまいやふらつきなどがあり、発疹や痒みが肌に出る人もいます。眠気を覚える人もいるため、初めてバルトレックスを飲んだ人は、車の運転などを控えて症状が出ないか確認したほうがよいでしょう。

これまで抗ウイルス薬やバラシクロビル塩酸塩、あるいはアクシロビルの薬を飲んで変化が現れたことがある人は、慎重になったほうが無難です。いろいろなアレルギーを持っている人は、これまで副作用が出たことがなくても服用するたびに注意したほうがいいでしょう。体内で成分濃度が高まったりすると、急に症状が出る人もいるため、飲み続けた後に出る場合があります。腎臓が悪い人や高齢者の人は、体内に入った薬の成分を分解して排出する力がどうしても弱まります。用量や用法をきちんと守っていれば問題ないですが、飲み忘れてしまい次の服用のときに多く飲んでしまったりすると成分がなかなか抜けなくなって、血中濃度が高まり過ぎよくありあせん。腎臓が悪い人や高齢者と合わせて、持病を持っている人も慎重に摂取しましょう。

他に服用している薬やサプリメントがある人も、バルトレックスで副作用が出ないか気をつけたほうがいいです。作用を強めてしまうことがあって、バルトレックスが効きすぎたり他の薬やサプリメントの作用が高まってしまったりする場合もあるからです。痛風や胃の薬、免疫抑制剤や喘息の薬の一部に相性が悪い物があるため、服用中の人は自己判断せず医師に相談しましょう。病気の状況によって薬を変えたり、どちらを優先で治療するかを考え、一時的に服用を止めたりなど対策を指示してもらえます。

重い副作用の症状が現れる人はまれにいて、急性腎不全で尿が出にくくなったり濁りが出るようになったりすることがあります。また、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるため呼吸が苦しくなり痙攣や昏睡などの症状が出たらすぐに病院に行く必要があるので、ご家族や知人に友人など身の回りの身近な人達に、薬を飲んでいることは話しておいたほうが安心です。目や口腔内、皮膚などにも影響が出るので、違和感があったら放置しないことが大切です。