• ホーム
  • ヘルペスが再発しやすい条件や環境とは?

ヘルペスが再発しやすい条件や環境とは?

薬を飲む男性

ヘルペスウイルスにより水ぼうそうや帯状疱疹、性器ヘルペスなどを発症すると、一度症状が治まっても再発してしまうことがあります。どんな条件や環境で再発するのか知っておくと、注意し予防に努めたり対策を行ったりすることが可能です。

感染者と直接接触してヘルペスウイルス体内に入った後、増殖していろいろな症状を引き起こし、薬によって抑えられた後も神経節に潜伏して完全にいなくなることがありません。日頃はおとなしくしていますが、免疫力や抵抗力が衰えると、ヘルペスウイルスが活性化し増殖を始めます。免疫力や抵抗力が衰えるのは、病気を患ったときや寝不足にストレスなどがあり、高齢になった場合があります。子どもの頃に水ぼうそうを経験した人が高齢になり、帯状疱疹を発症することがあるのも潜伏しているヘルペスウイルスの仕業です。また、生まれたばかりの赤ちゃんも免疫力や抵抗力が弱いため注意しなければなりません。

症状を発症すると体内には抗体ができますが、それでも免疫力や抵抗力の衰えがあれば、再発することを避けることができません。その都度効果がある薬を服用してヘルペスウイルスの活動を抑制して、同時に免疫力を回復させて抵抗力を高めていく必要があります。初感染時よりも再発のほうが、症状が重くなる人もいるため、慎重に治療を行っていく必要があります。アトピーを持っている人や他の性病に感染している人、妊娠中の人も抵抗力が弱まっている場合があるため注意が必要です。現在症状を発症している人に接触したことで、再発につながってしまう場合があります。治療中には性行為を避けるべきですし、パートナーと一緒に薬の服用を行っていきましょう。患部に触れた指で目などの粘膜があるところを触らないようにするべきですし、水ぶくれを破らないようにすることも再発防止につながります。水ぶくれが破れたら、石鹸で優しく洗って流すようにするとよいです。

薬の服用が正しくできていない人もヘルペスウイルスを抑えきれず、再発することが多いです。水ぶくれや発赤が目立たなくなり、ヒリヒリした感覚も出なくなると途中で薬の服用を止めてしまう人がいます。弱まっていたヘルペスウイルスが活動を盛り返してきてしまうので、最後まで薬を飲みきるとともに止めるときの判断は医師にしてもらうのが大切です。神経節内に潜伏するといっても、きちんと治療すれば症状がでずに普段どおりの生活ができます。